鍵紛失、防犯のために交換。

我が家は入居時に管理会社から3本の鍵を渡されている。
入居して何年かは、大人だけが鍵を持ち歩いていたが、子供の入学を機に鍵を子供のランドセルにもつけるようになった。
周りの子どもたちは、らせん状に巻かれて伸縮可能なキーホルダーに鍵をつけており、特にカバーなどはつけておらず、鍵は丸見えの状態でぶら下がっている。
「それでも気にしていない」というママ友の言葉に、我が家も同じような方法で鍵を子供に持ち歩かせることにしたのである。
しかし、ある日、学童から帰宅すると、「鍵がない!」とのこと。キーホルダーが壊れた様子もない。
なぜ鍵だけがなくなってしまったのか、不思議ではあったが、学童の誰かのいたずらかな?という認識でいた。
もちろん、学童には問い合わせをし、探してはもらったのだが、みつからないとのこと。
数日待ってみたが見つからないので、鍵交換をすることにした。
鍵はあと2本あるので、特段不便はない。合鍵を作ればいいという考えもある。
しかしながら、万が一のことを考えて、防犯面を重視し、鍵交換を決意した。
交換してくれる業者は、我が家が使っている鍵メーカーを主に扱っているところにした。
電話の対応も重視し、「表示価格は安いけれど、数日中の交換は追加料金がかかる」ような足元を見てくる業者は避けた。
ちなみに、鍵を交換する場合は管理会社に報告をしないといけない。
リフォームをするわけでもないのに、「リニューアル申請書」を書いた覚えがある。
鍵交換の際、「もしまた紛失したらこっちを使うかもしれないので」と話し、元の鍵は今も家に保管してある。
その後は鍵はランドセルに付ける専用のホルダーに入れて持たせている。
今後、紛失することなく生活できることを願う。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*